head_banner

ニュース

af

レジスタードナースのAllysonBlackは、2021年1月21日、米国カリフォルニア州トーランスのハーバーUCLA医療センターにある仮設ICU(集中治療室)でCOVID-19患者の世話をします。[写真/代理店]

ニューヨーク–ジョンズホプキンス大学のシステム科学工学センターによると、米国でのCOVID-19症例の総数は日曜日に2500万件を超えました。

CSSEの集計によると、米国のCOVID-19の症例数は25,003,695に増加し、現地時間の午前10時22分(グリニッジ標準時1522年)の時点で合計417,538人が死亡しています。

カリフォルニア州は州の中で最も多くの症例を報告し、3,147,735人でした。テキサス州では2,243,009件、フロリダ州では1,639,914件、ニューヨーク州では1,323,312件、イリノイ州では100万件以上が確認されました。

CSSEのデータによると、60万件を超える症例を抱える他の州には、ジョージア州、オハイオ州、ペンシルベニア州、アリゾナ州、ノースカロライナ州、テネシー州、ニュージャージー州、インディアナ州があります。

米国は依然としてパンデミックの最悪の打撃を受けており、世界で最も多くの症例と死亡があり、世界の症例数の25%以上、世界の死亡の20%近くを占めています。

米国のCOVID-19症例は2020年11月9日に1,000万に達し、2021年1月1日にその数は2倍になりました。2021年の初め以来、米国の症例数はわずか23日間で500万増加しました。

米国疾病予防管理センターは、金曜日の時点で20を超える州からの亜種によって引き起こされた195の症例を報告しました。当局は、特定された症例は、米国で流行している可能性のある亜種に関連する症例の総数を表していないと警告した。

CDCによって水曜日に更新された全国アンサンブル予測は、2月13日までに米国で合計465,000から508,000のコロナウイルスによる死亡を予測しました。


投稿時間:2021年1月25日